PEQ Montreal
モントリオールで親子留学・海外就職・永住全部目指すブログ
PEQ(ケベック経験プログラム)

PEQ-条件変更の英語記事はこちらー留学生コースでも就労必須に

PEQの申請条件が2020年5月28日に変更された。Global Newsの記事によると大きな改正点は以下の通り。

追記: こちらの改正が承認され施行されるのはまだ数週間先で、さらに承認から一年間は移行期間とされるらしい。移行期間中、ディプロマ取得者が就労無しで申請を出せるのかは不明

- 留学生パス

改正前はケベックでの就労経験は必要がなく、学校を卒業すればよかった。
>>>既にケベックにいるディプロマ取得済みの留学生の場合、CSQ申請前に12~24カ月のフルタイムの就労が必要。(これは、ケベック政府の発表では大学卒業では12か月、DEPと呼ばれる職業訓練校卒業の場合は24か月となるとのこと)

- ワーカーパス

改正前はケベックで1年の就労経験があればCSQの申請が可能だった。
>>>48カ月の間に36カ月のフルタイムの就労が必要。

どちらの場合も、フランス語の要求条件が’Boosted’(押し上げられたという意味?)となっているが、これが今後は、配偶者も’level 4 knowledge of French (on a scale of 12)’’が必要とされているという要求が増えたことだけを意味するのか、それとも、主申請者のフランス語の要求に対しても変更があるのかは記事には書かれていない。

追記: 政府発表について情報を提供していただいた。それによると、主申請者へのフランス語資格要件はlevel 7 knowledge of French (on a scale of 12)、で以前と変更なしだが、変更後はフランス語コース終了による申請は認められず、公式テストの合格証明が必要になるらしい。またはセカンダリー以上の教育をフランス語で3年以上受けていることでも可。

ちなみに、配偶者に求められるのは、「会話ができる程度」だそうで、主申請者よりは低いはずだが、公式テストでどのレベルなのかが気になるところだ。

ケベック政府はこの申請結果が6カ月以内で出るようにすると言っている。元々は、インタビューがなかった時の申請プロセスは一カ月以下だった。

ソースはGlobal News

https://globalnews.ca/news/7000452/quebec-government-unveils-revamped-peq-immigration-program/

ABOUT ME
ちえ子
カナダ在住。モントリオールで英日/日英翻訳を提供中。2019年4月から一念発起してウェブコンテンツライターとして修業中。高校生、大学生との親子留学→PEQ(ケベック経験プログラム)で永住権取得。TOEIC 960点、実用英語検定1級、フランス語公式テストTEFAQB2合格。過去にクアラルンプール(マレーシア)で通訳、ロンドン(英国)で商社勤務経験あり。趣味はジャズヴォーカル、コメディ映画鑑賞。

POSTED COMMENT

  1. ひとみ より:

    こんにちわ。いつも読ませて頂いてます。このニュースの留学生の場合、就労経験が必要とのことですが特にディプロマと関連のある仕事でなければいけないとは書かれてなかったですよね?わたしはDEPなので2年のフルタイム就労が必要になりそうです…フランス語でなんとか仕事が出来たらTefaq合格も早いと思うのですが…前途多難です。。

    • ちえ子 より:

      ひとみさんお久しぶりです。留学生の職種についての縛りはこの記事には書いてないようですね。詳細については政府の発表を確認しないといけないですね。2年フルタイムの仕事でフランス語を使えたら確かに上達はしそうですが、もともと流暢でないとフランス語を使う仕事につくのが難しいのが悩みどころですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】